So-net無料ブログ作成
検索選択

第二百十八話_short 類似ブログにご注意 [comedy(笑噺)]

 世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」にインスパイアされて「原始物語」という小説ブログを始めてからはや五年ばかりが過ぎた。たいした小説ではない、素人の手慰みにしか過ぎないのだけれども、ブログランキングなどというところに登録しては、ランキングが一位二位と上がり下がりすることに一喜一憂しているのだ。

 ところが最近になって唐突に出現したブログが私のすぐ上にランキングされたのに驚いた。いままで別のところに登録されていたのか、見たこともないタイトルで、しかもそれが私のとそっくりなのだ。

 私のブログは「原始物語」だが、それは「源次物語」とされている。何だこれはと見に行ってみるとどうやら源次という名前の人が書いている小説ブログらしい。

 そもそも私のブログも「源氏物語」をもじっての「原始物語」であるから人のことは言えないけれども、似たようなタイトルでしかも内容もよく似ているというのは少しばかり片腹痛い。その上私よりも上にランキングされているのだ。

「何だこいつは!?」

 そのサイトを読んでみると、なんだたいしたことない。小説の形にすらなっていない。ショートショートとしてもちっとも面白くない。なんでこんなものが上位にランキングされるのだ。

 私はいささかムカつきながらPCを閉じた。

 数日後、さらに驚いた。かの「源次物語」より上位にまた新たなブログが現れたのだ。しかも似たような名前で。その新たなブログのタイトルは「源爺物語」。

 何だこれは? 私はすぐにそのサイトを調べた。どうやら源蔵爺さんという人が書いている日記のようなもので、それでも小説だと謳っている。読んでみたが、ほんとうに日記に毛が生えたようなもので、ちっとも小説の体をなしていない。しかし、少し面白いのだ。こいつめ。この爺さんめ。なんでこんな奴が同じブログランキングに登録してくるのだ。日記のカテゴリーに出しておけ!

 そう思うのだが、どこに登録しようが個人の勝手である。

 似たような小説ブログが同じところに3っつ。これではどれがどれだかわからない。

 友人に私のは「原始物語」だと告げて検索させているのだが、みんな「源次物語」や「源爺物語」を私のブログと思って読んでは感想を言ってくる。

 みなさんいいですか。違いますよ。私のブログは「源次」でも「源爺」でもない、「原子物語」ですよ!

 私はどんどん混乱の深みに陥っていくのを感じるのだった。

                          了

↓このアイコンをクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

               
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 1

momokumi

補足( ^ω^ )
本人のブログは「原始物語」だと言ってたのに、最後の最後には「原子物語」になちゃってる。本人さえもわけがわからなくなっているのでR。
by momokumi (2014-06-02 20:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。