So-net無料ブログ作成
検索選択

第三百七十四話_short 心霊写真 [horror(戦慄)]

 くそっ。霊子の奴め。部屋に仲間を呼んでの楽しい倒しいパーティに俺を呼ばないなんて! やっぱり俺は振られたのか? こないだの「じゃぁ、これでね」っていうのは、もうこれっきりっていう意味だったのか?

 先週、霊子と喧嘩した。軽い言い合いだと思っていたけど、あいつはだいぶん溜めこんでいるみたいだったもんなあ。しかしなんか悪いことしたのか、俺は? 女ってやつはわからない……

 悔しい悔しいと思っているうちに霊子のマンションまで来てしまった。もう十時を過ぎているが、三階にある霊子の部屋は賑やかそうなライトが灯っている。

 いったい誰が来てるんだ? 男も呼んだのか? 俺は無性に部屋の中を覗きたくなった。

 三階か……ちょっと高いけど、ま、大丈夫だろう。

 俺はマンションの外壁を上りはじめた。塀や空調の室外機、樋なんかがあって案外楽によじ登れる。

 ようやく霊子の部屋のベランダに手が届いた。腕に力を込めてベランダの格子を乗り越えたが、ものがいっぱいで足を置く場所がない。俺は格子にしがみついたまま、奇妙な格好で首を伸ばして窓に近づけた。音楽が鳴っていて楽しそうな笑い声が聞こえた。

「いーい? 撮るよ!」

 俺の首が中が水平に伸びて見える位置に達したとたん、パシッっと閃光が目を射した。

 

「わぁ……なにこれ?」

「なに? どうしたの?」

「ほら、ここ見て。窓のところ」

「わっ! 誰かの顔が写ってる」

「ええーっ! ここって何階だっけ?」

「三階よ」

「三階の窓に人が映ったりする?」

「なんか気持ち悪いわね、この驚いたような顔」

「霊子、あなたなんか悪い霊を呼びこんでない?」

「霊……? そ、そんなの……」

 霊子は最近ストーカー化している元彼のことを思い出したが、厭なことを忘れるためにすぐに振り払うように首を振った。 

                      了


↓このアイコンクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

                
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 1

小泉裏子

ブ ランド激 安、人 気ブ ランドの販 売、通 販、オークション、新 作のスーパーコ ピー、ブラン ドコ ピー、ブラン
ド激 安、偽 物ブ ランド
┣時 計
┣財 布
┣小 物
┣秋冬 靴
┗2014新 作展 示
当 店商 品:送┃  料┃  無┃  料┃
広 大な 客を歓 迎して 買 います!
期 待 ご注 文の方は!

お見逃しなく是非WwW.26chc.Com クリックしてください。
by 小泉裏子 (2014-10-30 12:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。