So-net無料ブログ作成
検索選択

第六百八十七話_short 恋するお年頃 [ordinary day(日常)]

 満雄は音楽家になりたいと思っていた。音楽家と言ってもクラシックではない。俗にいうシンガーソングライターとかそういうのだ。音楽はとても好きでギターはある程度奏でることができると自負しているのだが、残念ながら自分には文才というものがかけていると思っていた。だから歌詞を書くことのハードルが高くて、シンガーはできてもソングライターの部分が難しいなあとずっと思ってきたのだ。ギターを抱えればメロディーは作れるが、歌詞だけは作りあぐねてきたのだ。

 ところがそんな満雄にちょっとした転機が訪れた。毎日顔を合わせる愛という名の娘に恋をしたのだ。恋は男を詩人にするとはよく言ったものだ。愛への想いを綴るだけでそれが詩のようなものになった。

♪君が好きだ、君が好き。

 君を思うだけで胸の中は熱いものでいっぱいになる。

 君が好きだ、君が好き。

 どうして君はここにいるの?

 たぶん僕と出会うために、君は生まれてきたんだよ。

 だから僕はせいいっぱい、君のことを思い続けるんだ。

 愛を知る。愛がある。愛してる。愛こぼれる。

 愛がすべて。愛は素敵。愛に生きる。愛に溺れる。

 そう、僕には君への愛がある~

 満雄は一気にこんな詩を書きあげてメロディーをつけ、恥ずかしげもなく愛の前で披露した。

 目の前で満雄に歌で愛の告白をされた当の愛だが、仕事上いやな顔はできない。満雄が歌い終えるのを待ってから、少し恥ずかしそうな顔をして言った。

「とても素敵な歌ですね。私のためだなんて、うれしいわ。ありがとう。またいい歌ができたら聞かせてね、おじいちゃん」

 介護士の愛はそう言って満雄の部屋を離れ、次の要介護老人が待つ部屋に向かった。 

ギター.jpg                      了


↓このアイコンクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

                
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。