So-net無料ブログ作成

第七百四話_short 炎症が起きてる [allegory(寓意)]

 昨日あたりから排尿の感じがおかしい。 尾籠な話題で興趣だけど、おしっこの前後でむずむず感があって、終わった時にはツーンとした軽い痛みがあるのだ。そんな感じがあるためか、度々トイレに行きたくなる。実はこういうのは初めてではないのでわかるのだ。膀胱炎だ。

 男性の場合は尿道炎になりやすく、その原因は性行為であることが多いらしいが、私の場合は性行為はもう何年もないし、何より男性ではないので、これは膀胱炎であると自分で診断した。

 なんでそんなことになるのかというと、その原因はたとえばお尻の拭き方がまずかったとか、女性の尿道は短いからとか、 身体が疲れているからとかいろいろあるらしいが、よく言われるのはトイレを我慢していると膀胱炎になりやすいのだそうだ。

「水分をあまりとってないのではないですか? それと、トイレを我慢していませんでしたか?」

 若い医師がそう訊ねた。

 そもそも炎症とは、身体に入り込んだ雑菌等に対応するために身体の抵抗機能が働くことによって起きるということなのだが、排尿は身体にたまった雑菌を洗い流す働きがあるのと、おしっこを我慢していると膀胱の粘膜が広がりっぱなしになって、血流が悪くなることも原因なのだそうだ。 

「そういえば、トイレ、我慢するたちなんですよ」

 そう言うと医師はやっぱりと納得した表情で頷いた。

「で、我慢しているのはトイレだけですかね?」

 え? ほかにもなにかあるのだろうか。

「ええーっと・・・・・・どういうことでしょうか?」

「とりあえず膀胱炎であることは確かなんですけどね、あなたは全体的に抵抗力が落ちているように見えるんです」

「抵抗力?」

「そうです。抵抗力が衰えると、身体の中の白血球が増えてきて、いろんなところで炎症が起こりますよ」

 へえー、そうなんだ。なんか我慢してたっけ? 

 我慢といえばいろいろ我慢している。ダイエットのために甘いものを控えてるとか、炭水化物を我慢しているとか、そうそう、職場環境が悪くて我慢して働いているとか……そんなことが炎症につながるのだろうか?

「いろいろ我慢はしてるんですが、それが何か?」

「まぁ、我慢というか、ストレスによって抵抗力が落ちる、それが身体の中の弱い部分に炎症という形で表れるわけでして……皮膚とか腸とか肺とか副鼻腔とか……骨髄炎、脳炎とかいうのもありますよ。排尿以外にむずむずするところはないですか?」

 そういえば最近……

「あの、先生……なんとなくですけど、言われてみればいろいろ我慢しているせいか、最近むずむずしてるんですよ」

「どの辺が?」

「むずむずするんです、頭の中が」

 白血球.jpg

                     了


↓このアイコンをクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

                
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。