So-net無料ブログ作成

第七百八十話_short番外 びよ~ん [literary(文学)]

 もう、三日間もここにいる。

 なにもない真っ白な部屋。白い壁と白い床、天井。家具もテレビもない。誰もいないし、誰もこない。

 ここは病院? いや、病院なら医者や看護婦がいるはずだし、なんとなく昔からなじみのある臭いがする。たぶん私が暮らしてきた部屋だと思う。でも、なにもないし、誰もいないのだ。不思議と原も空かないし、便意もない。いったいどうなちゃったんだろう。不安になって眠くなる。いつしか眠ってしまうと不安は消えてしまうが、記憶もあいまいになる。

 たしか……三日前に真っ白な空間を浮遊していたような。

 そうだ。なにかが終わってしまったのだ。

 自分から終わらせたのではなくって、私の意思とは無関係に終わってしまったのだ。だから私は真っ白な世界に堕ち込んでしまい、私自身も真っ白になってしまった。

 私が終わったのではなくって、世界が終って世界が私を終わらせようとしているのだ。

 ……世界が私を終わらせようとしている? 私の意思とは関係なく? 

 それでいい、それで当然だと思っていた。だってどう仕様もないでしょう? 世界がなくなってしまったんだから。私がいる場所もなくなってしまったということで。あれ? でも私はまだいなくなっていないのはなぜ?

 人間はいつもなにかの枠の中で生きている。

 そう、たとえば地球の、アジアの、日本の、この街の、この社会の、この家の中で生きている。ということは、逆にいえばいまこの枠の中でしか生きられていないということだ。

 置かれた場所で咲きなさい。

 誰かがそう言ったけれども、置かれた場所でしか生きられない。

 日本にいるのにアメリカにいるようには生きられない。

 だから私はいつも誰かの、なにかのせいにして生きてきた。

 いいことや楽しいことは自分で求めているくせに、悪いことや辛いことはぜんぶなにかのせいにして、誰かのせいにして生きてきた。だから今回のこれも、世界がこんなことになっちゃったから、仕方がなく私も消えてしまう、なんてね。

 でもなんだかわかってきたような気がする。

 世界がなくなってしまった今、私は無の世界のせいで生きられなくなっている? 違う。生きている。

 誰かのせいじゃなく、なにかのせいじゃなく、私自身の意思で、力で、考えで、反対に世界を作ってしまえるんじゃあないかしら。

 この白い世界にはなにもないと思っているけれど、本当にそうなのかしら?

 自分自身で、こうあってほしい! こうありたい! そう信念を持つだけで、もしかしたら、なにかが見えてくるのかもしれない。誰かのせいでも、なにかのせいでもなく、自分自身で。

 私は思い切り体を千路メタ。膝を曲げ、腰を折って、できる限り渾身の力が体内に集まるような姿勢をとって身体の真ん中に力を集中させた。そして全身をばねにして飛び上がるのだ。そうすればきっと、白い世界からジャンプできるに違いないとそう信じて。

 びよ~ん! 

 バネ.jpg

                      了


↓このアイコンをクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

                
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。