So-net無料ブログ作成
検索選択

今日気づいたこと① [ordinary day(日常)]

 ドラマや映画、小説や有名人ゴシップ。

そんな他人の物語りを、なんで私たちは見たがる、読みたがるのだろう。

とりわけよくできたお話には身も心ものめり込んでしまって感情移入。

まるで自分のことのようにドキドキしたり、腹を立てたり、涙したり。

 いやいや人間はそういうのが好きなんですよ。

そう言われてしまうとそれで終わってしまうんですけどね。

 物語りを自分自身に投影して、つまり疑似体験することによって学習してるんだよ。

ということは、物語りはマニュアルのようなもので、今後生きていくための処世術を学んでいる?

ううーん、そういう側面もあるかもしれないけど。

だけどだったらもっと卑近な物語にしか興味がわかないのでは?

殺人事件とか、海外の政治モノとか、そういうのってとても自分の処世術には合わないのでは? とか思っちゃう。

 好奇心。

そう、人は知りたいのだ。自分が知らないことを何でも知りたい。

宇宙がどうなっているのか、世界にはどんなところがあるのか、海にはどんな生物が棲んでいるのか、

そして、他人がどんなふうに暮らしているのか。

だから芸能人のゴシップなんか大好きだし、ご近所や社内の噂話なんてもっと大好き。

人間には好奇心があるから新しいことを学び、発見し、発明して進歩してきた。

いやいや、発見、発明に好奇心が必要なことはわかるけれども、他人の生活をのぞき見することは進歩と関係ある?

うーん、関係ないけど、とにかく好奇心があるためになんでも知りたがる。

知りたがる本性を満たすために、自分が知らない物語りなんかを求める。

 でもさ、物語りって、全部嘘っぱちじゃない。

物語りに謎が隠されていて、それを知ったところで、全部作り話。

なんら宇宙の真理を解き明かすものでもない。

なのに知りたがるから、作家は嘘っぱち(空想)の物語りを創って提供するのだ。

 知らないことを知りたがる、好奇心は人間の本性。

ってことはつまり、結局

「そういうのが好きなんですよ、私たちは」 

ということに尽きるのかなぁ。

                      了


↓このアイコンをクリックしてくれると、とてもウレシイm(_ _)m

                
          ショートショート ブログランキングへ

sponsor site

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 1

つねさん

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

by つねさん (2017-08-02 13:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました