So-net無料ブログ作成

リハビリ [allegory(寓意)]

長い年月をかけて、一通りのことを、やるべき事をやり終えたはずだった。


今さらまた、元のところに戻って、かつてと同じような事を再開させるなんて、考えてもみなかった。


あれからすでに一年半ほど。


世間ではセカンドライフだとか、第二の人生だとかを粛々と始める人もいるというが、


私はそんな言葉ではなく、単純に次にすべき道を歩いていくつもりだった。


しかし、人間というものは怠惰にできているもので、いや、怠惰なのは私だけなのかもしれないが、


何をするでもなく、あれあれという間に月日が過ぎてしまった。


これではいけないなぁ、そう思いながらもなかなか起き上がることができないでいたのだが。


夏の盛りになり、お盆が近づいてくるにつけ、例年以上に暑い天候も手伝ってか、


ひょいと気持ちが動いてしまった。


とりあえず、ひとまずは、再開予定のなかったこのブログでも書いてみるかと、今に至っているわけだ。


リハビリ。


ふとそんな言葉が浮かんだ。


そうか、これはリハビリみたいなものなんだな。


半分覚醒しているような、しかし半分はまだ冷んやりとした土の中で眠っているような、

そんな朧げな気分の中で、このショートを書いている。


どこかから線香の香りが漂う。


誰もいない部屋。


懐かしい部屋の片隅に置かれたままになっているパソコン画面に、ポツポツと文字が打ち込まれていく。


寝室で眠っているあいつが目覚めたとき、これに気づいたら、きっと腰を抜かすことだろうな。


でも、それこそリハビリみたいなもんだ。


いきなり目の前に現れたら腰を抜かすくらいじゃすまないだろうから。


チーン。


今度は鐘の音がする。


七月も終わり、もう直ぐお盆だ。


IMG_4108.JPG


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。